目指せ140キロ!球速が速い投手と遅い投手を徹底比較

ピッチャーであれば誰もが一度は意識するであろう球速が140km/hです。年代によっては130km/h台でも十分速いと言えますが、高校生や大学生以上になると右のオーバーハンドであれば一つの基準にもなる球速でしょう。スタンド等で見る側としても、やっぱり球が速いピッチャーは魅力的ですよね。そこで今回は球速はどのようにして生み出されるのか?についてご紹介していきます。

球速を上げるための2つの要素

速い球を投げる為には、要するにリリースの瞬間にボールに力を伝える事。どれだけ筋力を向上しても、柔軟性を高めても、最後の瞬間にボールに力が伝わらなければ速い球を投げることは出来ません。

ピッチャーのフォームを大きく分けると、並進運動回転運動の2つに分かれます。並進運動は足を上げてからステップをきるまで。回転運動はステップからリリースまで。この2つの運動の精度をどれだけ高く出来るか、いかにうまく並進運動から回転運動に移すかが球速アップのカギとなります。では具体的にどうするのか?各項目に分けて解説していきます。

並進運動

足を高く上げる

難しく書くと位置エネルギーだなんだと言葉が出てきますが、要するに同じ重さのものを地面に向かって落とす時低い所から落とした時と高い所から落とした時はどちらが大きな衝撃を生むか。当然高い方が衝撃が大きくなるのは誰もが理解出来る事でしょう。この時に重要になるのがバランスを保ったままで足を高く上げられる事。

右ピッチャーの場合セットポジションから左足を上げますが、この時に腹筋や太腿の前側の筋肉を使って足を引き上げてしまうと、バランスが崩れて踏み出した足の位置がインステップやアウトステップになりやすくなり、体重を真っ直ぐ投げる方向に向かって伝えていく事が難しくなります。下半身のバランスがズレると帳尻を合わせるために上半身も余計な力みが入ってしまったり、リリースの時に体重がしっかりと伝わらないなど球速をロスする原因になります。

バランスを崩さずに足を上げる為には、右足の踵を少し上げ、下ろす反動で左足を上げる事。基準はベルトの線よりも膝が上に来る事。左足の太腿の裏側の柔軟性が不足すると上がりにくくなります。上の写真のように身体のバランスを崩すことなく膝を十分な高さまで持ってくる事が出来るようになればバランスを崩しづらくなります。

トップを作る

トップとは投げる為の準備の状態です。タイトルではトップを作ると表現していますが、四肢(腕・脚)を連動させる事でトップが出来るように仕向けるという方が正しい表現かもしれません。これが抜けてしまうとボールが高めに浮いてしまったり、シュート回転してしまったりコントロールが安定しない原因になります。球速・球威を上げる為に絶対に必要なしっかりと叩くという動作もしづらくなる為、投球動作の中で最も重要と言っても過言ではないでしょう。

トップの時の肘の高さの基準は両肩をつないだ線よりも少し上にある事。両肩を繋いだ線よりも低くなると回転運動の時に肘の絞りを上手く作る事が出来なくなり、肘の内側を痛める原因につながります。逆に今肘の内側に違和感や痛みを関している選手は、トップの位置を見直す事で改善する事が出来るでしょう。

身体の前側で腕を上げる

トップを作る事が苦手な選手の多くがテイクバックで腕を後ろに引きすぎている事。両腕を真横に開くと180度になりますが、それよりも後ろ側から手を上げてトップの位置に持って来ようとしても引っ掛かってしまい思うように上がりません。胸郭と肩甲骨の動きが良く肩周りがかなり選手であれば、多少後ろ側からでも上げる事は出来ますが、少しでもテイクバックが大きくなると肩への負担が大きくなり、ケガの原因になる為オススメは出来ません。

上げる・出る・叩く

トップを作るタイミングは出来るだけ早い段階がオススメです。体重を移動しながらトップを作ろうとすると、十分にトップを作る事が出来ないまま回転運動に移ってしまう事になり、腕が遅れてしまいやすくなります。そうなると筋力に頼りがちになり、肩や肘への負担が増加しやすくなってしまうからです。先ずは肘を上げる、体重移動で前に出る、前足にぶつかった反動で背中を使って叩くという順番を身体にしっかりと刻み込む事から始めましょう。

くの字を作る

ヒップファーストとも言われます。足を上げてからステップに移る際、右ピッチャーを三塁側から見ると、頭・骨盤・軸足の位置関係がくの字を描くように意識しましょう。この時肩の高さは右肩が少し下、左肩が少し上に傾きますが大袈裟になりすぎると上半身が間に合わなくなるため注意が必要です。また肩だけを落とすのではなく両肩と骨盤の左右を線でつないだ長方形がそのまま傾くイメージを持つようにしましょう。

前足が着地した時は地面と平行である事

くの字を意識する事で起こりやすくなるのが前脚が着地した時点で骨盤の前側が高くなってしまう事です。そうなる事で発射台の角度が上に向いてしまい球が高めに浮きやすくなります。またそれを改善しようとして上半身を折って投げたり、肘を引き下ろしてしまって肘の裏側を痛めたり、上腕二頭筋に張りが出たりします。ですから着地時の骨盤の角度は非常に重要です。一方肩の高さに関しては、投げる側のかたが少し下がっていても問題ありません。ですがこれも限度があり、下がりすぎていると上半身が遅れてしまいます。そうなるとグラブ側の手で無理やり開いて投げる形になりやすいので、前足が着地した時には肩のラインも水平に近い方が良いという事だけは理解しておきましょう。

遠心力を使う

バッティングの時に遠心力を利用するイメージは強いと思いますが、当然ピッチングにも遠心力は重要です。

バッティング(右打ち)の場合左手でグリップを止めて右手で走らせます。この時左手がしっかり止まらず前に流れてしまうと、ヘッドを走らせる事が出来ずに打球に威力が出なくなります。ピッチングも同様で、並進運動で移動してきた勢いを前足でストップをかける事で回転運動に繋げる事で身体が一気に加速します。

前足の踵の垂直線上よりも膝蓋骨(膝の皿)が前に行ってしまうとブレーキが利きづらくなってしまうので注意が必要です。

回転運動

最も重要なのは、重心の移動で得たパワーをいかに失速させる事無く回転するかです。この記事では並進運動と回転運動を分けてありますが、本来連動した一つの動きの中で行われるため、あえて別々と捉えるとぎこちなくなるので注意が必要です。回転運動を上手く行う上で重要なのが回転軸。上半身を折ってお辞儀の形になってしまうと回転のスピードは落ちてしまい、上手く腕が出てこなくなり、腕の振りが弱くなってしまいます。

前足にぶつかる強さ=球速

球速を上げるうえで最も重要と言っても過言ではないのが【いかに速く骨盤を回転させつつ前傾させるか】です。と言ってもタイミングが非常に重要です。例えば足を上げてからステップをきるまでの時点で骨盤が前傾してしまっていては、上半身を折る事でしか反動をつける事が出来ず、下半身の力が上手く伝わらないため球速が上がりません。それどころか腰痛を発症する原因にもなりかねません。骨盤が前傾するタイミングは軸足側に乗っていた体重が前足にぶつかった時です。つまり並進運動から回転運動につながる所で同時に骨盤も前傾するのです。

ポイントは前足が着地した時点では骨盤が少し回転を始めている事。完全に閉じた状態でステップしてしまうと、着地の衝撃を回転に変える事が出来ません。予め少し開き始めた所にブレーキがかかる事で利き腕側の骨盤が一気に加速してスムーズに回転する事が出来ます。ただし投げている本人のイメージとしては前足が着地する時点では骨盤はまだ閉じているイメージの方がいいでしょう。理由としては骨盤を開こうとする事でステップする際の前足の内旋が解けやすくなり、身体の開きにつながりやすくなるからです。身体が開くと力が逃げてしまうだけでなく、バッターから見てもボールの出所がわかりやすくなりタイミングを取りやすくなってしまいます。

前足が着地する時の膝の角度は135°をイメージしましょう。それ以下になると足への負担が大きくなり、前足の膝が前に流れやすくなり上手くブレーキをかける事が難しくなります。また骨盤を上手く止めることが出来なければ投げる側の腕がしっかりと前に出てくる事が出来ません。そうすると上半身の力で無理やり捻って投げる事になり、身体の開きが早くなってしまったり利き腕側のバッターの顔付近に向かって抜けるボールが多くなってしまい、それを防ぐためにリリースで調整してしまって結果として反対側に引っかかったような球が増えたりします。

穴の深さ=踏み込みの強さ

前足を出した時(ステップをきった時)、軸足から前足に向けてぶつけたパワーが強ければ強いほど、前足の下の穴は深く掘れる傾向にあります。意識して深く掘れるように前足を使うのではなく、上手く前足にぶつける事が出来ると自然と穴が深く掘れるようになってきます。

グラブの使い方を意識

グラブは回転を行う上で非常に重要な支点の役割を果たします。ポイントはグラブを引かない事。よくある指導で「体に巻き付けるように引け」とか「引いて肩を入れ替えろ」などと言われますが、引いてしまうとある2つのデメリットが生じます。それは重心が移動せずその場での回転になってしまう事と支点が無くなり体軸がぶれてしまう事。

その場回転になると、折角軸足から並進運動と繋いできた勢いを消してしまいます。例えばフィギュアスケートのジャンプのように、回転力が欲しい場合は正中線を軸として回転する事で身体のブレを無くして回転力を高めています。ピッチングの目的はリリースの瞬間に向けて効率よく力を伝える事。回転は手段であり目的ではありません。 

まとめ

要するに大切なのは軸足の親指が起点となって起こした波を上手くリリースの瞬間の指先に伝える事が出来るか。その間にいかにロスを減らせるかがカギとなります。その為には当然筋力も柔軟性も必要になる。

筋トレや柔軟がおろそかになる選手の多くは、その必要性を理解していないか実感していないから。焦らずじっくり仕組みを理解していけば、何をすべきかが見えてくると思います。

PAGE TOP