【投げたい気持ち】をコントロールする事

 ピッチャーであれば誰もが「速い球を投げたい」「いい球を行かせたい」と感じるはず。ですがこの「〜したい」という気持ちこそがフォームを見出す原因になってしまいます。今回は↓のTweetをもう少し掘り下げていきます。

  • “突っ込む”とは
  • 腕が遅れるとどうなるのか
  • まとめ:“骨”で投げる意識を持とう

突っ込むとは

 突っ込むとは、上半身(頭)が投げる方向に行きすぎてしまい、下半身の力をうまく上半身に伝える事が出来ずに腕の力で投げてしまう形の事を言います。
 そうなる原因の多くは先述した“投げたい”という気持ち。この気持ち自体は決して悪い事では無いのですが、やり方を間違うとかえって思うようなボールとはかけ離れていってしまいます。

 次に突っ込む事による弊害について少し触れていきます。体が突っ込むと、下半身の力を上手く使えなくなるのですが、下半身の役割は【加速と回転】です。
 突っ込んでしまう選手の多くがこの「加速のやり方」を間違えているのです。加速とは体感速度を上げる事ではなく手先(ボール)をしっかりと加速してやる事が大切なのです。軸足で思い切り前に蹴り出して上半身や頭が前に向かって飛び出すと、何となく体感速度は上がります。一方で下半身のもう一つの役割である【回転】に関してはどうでしょうか。
 前に飛び出してしまうと、前足が着地した時にはすでに軸足側にはほとんど力は残っておらず、そこから回転をするためには上半身を捻る事、つまり身体を開く事以外に方法がありません。

※逆に開きが速い選手が全て突っ込んでいるというわけではありません。もちろん突っ込みが原因である場合も多くありますが、単純に下半身の使い方が上手くないだけの場合もあります。

 そうなると上半身は無理やり振り回されてしまうので、コントロールが安定しないばかりか、腕が遅れてしまう原因にもなりかねません。

腕が遅れるとどうなるのか

 一般的に腕が遅れて出てくると言えば球持ちが良く打ちづらいピッチャーで、一言で言えば「良いピッチャー」と思われるかもしれません。
 ですがここでいう腕の遅れとは、テークバックからトップにかけてのタイミングが間に合わず、結果として準備が整わないうちに身体が飛び出して突っ込んでまう事で『押せない位置』まで腕が置いてけぼりになってしまう事です。
 押せないと言う事は“叩けない”という事でもあります。叩く?いや投げるでしょ?と思う方もいるでしょうが、実際に威力のあるボールを投げる事が出来るピッチャーは投げることができるバレーボールのアタックやテニスのサーブのように、しっかりとボールを叩ける形でリリースしています。

 この叩く事でボールに回転を加える事で、ノビやキレのあるボールを投げる事が出来るのです。
 次に問題なのが「身体の開き」です。先ほども身体が突っ込むと前足に早く乗るので回転するためには開くしかなくなると書きましたが、腕の遅れも身体の開きにつながります。と言うのも、ピッチャーは本能的にどこで離すべきかを感じているからです。上半身はここまで出てきて・・・今だ!となるべき所に遅れてしまっている腕が間に合わない。となると、上半身を捻ってとりあえずリリースに間に合わせようとするのです。この方法は当然ながら肩や肘への負担が増し、怪我のリスクが高まります。またボールに無理やり力を伝えるため、回転が安定せずスライダー回転やシュート回転をしやすくなり、コントロールも難しくなります。
 

まとめ:“骨”で投げる意識を持とう

 では何を意識して投げるべきか。一言で言えば「骨で投げろ」です。もう少し具体的に言えば、骨の方向が投げたい方向を向いてから投げる事。
 その為には前に向かって飛び出す事なく、下から順番に回る事で、筋力で捻って無理矢理方向を合わせるのではなく、骨がキチンと揃う“間”を作って投げることが出来ます。

 今回のテーマを理解しているか否かによって、最終的どのレベルで活躍出来るかが大きく変わってきます。現役の時間は焦りとの戦いにもなりますが、落ち着いて一つ一つの動きを理解しながら取り組みましょう。

PAGE TOP