コーチが発する言葉の重み

 今回は選手と接する時の『言葉』について。もちろん日頃から気をつけてはいますが、それでもたった一言で築いてきた関係に亀裂が入る事もあり得ます。そんな関係は本当の信頼関係ではないという意見もあるかもしれませんが、些細な違和感がきっかけとなる事は間違い無くあると思います。コーチがかけて良い言葉、ダメな言葉について、個人的な考えですがご紹介します。

選手は言葉で潰せる

 いきなり中々パンチの効いた見出しですが、紛れもない事実です。特に日頃から練習を見ているコーチなどの一言は選手にとって非常に大きな影響力を持ちます。
 例えばいつも通り投げている選手に「あれ?今日ちょっと肘下げた?」と何となく声を掛けたとしましょう。選手からしたら、別に意識していたわけでもないため自覚がありません。でもコーチが言うならそうかもしれない・・・と感じ、肘を上げようとしてしまいます。そうすると本来のバランスと変わり、フォームが乱れる原因となるでしょう。
 皮肉な事に、選手とコーチとの信頼関係が強ければ強いほど、選手に対して影響を与えてしまいます。

選手によって使い分ける事

 コーチからのアドバイスには一貫性が必要ですが、当然の事ながら、選手には色々なタイプがいます。全く同じ事を伝えていたとしても、伝わる選手と伝わらない選手がいるのも当たり前。ですがコーチである以上、選手を成長させる事が仕事です。例を挙げるなら、「低めを振るな」というアドバイスがしっくり来る選手もいれば「高めを狙え」と伝えた方が良い選手もいますよね?“伝えたけど出来ない”ではコーチとしての仕事をしたとは言えません。ですから選手に伝えるために様々な角度からアプローチする事が必要になります。
 また選手によっては付き合うときのキャラクターを変える事も求められるかもしれません。半ば強制的にでもしっかりと先導してやっとメニューをクリアできる選手がいるかと思えば、放っておいても勝手に練習し、次から次へと自発的に求めてくる選手もいます。前者の場合はコーチが前から引っ張ってみたり、後ろから背中を押してみたり・・・後者の場合はオーバートレーニングにならないようにブレーキをかける事が必要になる時もあるかもしれません。

選手は言葉で復活もする!

 こんな事を言うと誤解を招く恐れもありますが、時には嘘をつく事もあります。ある公式戦の試合前ブルペンでの事。先発ピッチャーの調子が今ひとつだったので、ブルペンキャッチャー(とにかく気配りがしっかり出来る良い男)に「どんな球でも良いからしっかり音を鳴らしてとにかく褒めてくれ」と伝えていました。実際キャッチャーの後ろから見ていると、真っ直ぐはシュートして変化球も抜け気味。それでもキャッチャーは「ナイスボール!」と声をかけてくれ、良い音を鳴らしてくれます。そんな中、唯一カーブの時だけフォームのバランスが良く、しっかりとコントロール出来ていました。
 そこでピッチャー側に回り「今日はカーブの時の感覚で投げられれば絶対大丈夫!」と伝え、(もちろんそんな簡単に上手くはいきません)「試しにカーブの後に真っ直ぐ投げてみな!」と言ってカーブ→ストレートの順に投げさせました。そしてキャッチャーに「どう⁉︎」と聞くと「最高です!」という答え。
 これが本当に効果があったのかは分かりません。ですが実際にその試合、1失点で見事完投勝利。改めて言葉の大切さに気付かされた試合でした。

まとめ

 言霊という言葉があるように、言葉にはかなり大きな力が宿ります。「そんなつもりじゃ・・・」と思うような何気ない一言で、選手に限らず周りの人達の状況は大きく変化します。そしてその言葉は関係が深くなればなる程、より強力な武器となることを自覚しておかなければいけません。この記事をきっかけに、私も今まで以上に【言葉】の重みを感じつつ、選手の成長に少しでも貢献できるよう取り組みたいと思います。

PAGE TOP