球速アップを目指す人にとって意味のあるランニングとは

今回はここ数年、ダルビッシュ選手などが発信してよく言われるようになってきた長距離走は必要ないという話。本当に野球に必要ないのか?どのくらいの距離であれば効果があるのか?考察していきます。

長距離走をやるメリットはあるのか

なぜ長距離走は必要ないと言われているのか

野球に長距離走は必要ないと言われるのは、長距離を走ることによって筋肉が分解されてしまうから。野球は体重や身長によって階級が分かれているスポーツではありません。単純に考えると同じ質量のボールやバットを使うのに身体が大きい方が有利であるのはいうまでもありません。

筋肉量が減るとパワーが落ちる

筋肉が分解されるという事は筋肉量が減少し、発揮出来るパワーが低下してしまいボールに伝える事が出来るパワーが落ちてしまうという事。そうなると当然球速は下がってしまいます。また野球はサッカーやバスケットボールなどと違い走り続ける必要があるスポーツではないということも長距離走が不要と言われる原因であると考えられます。

どうすれば意味のあるランニングに出来るのか

球速アップにランニングが必要ないと言われている理由を確認したところで、次は野球のパフォーマンスを上げるために効果があるランニングとはどんなものなのかをご紹介していきます。

連動性を意識しながら走る

一番ポイントになるのは上肢(腕)と下肢(脚)の連動です。腕や脚を上手く連動させる事が出来れば、パフォーマンスの向上につながります。例えばピッチングであれば、投球側の腕と踏み出した足の連動、左右の腕の連動、軸足と投球側の腕の連動など、体幹部を中心に四肢が連動する事で1つのフォームを作り上げています。この四肢と体幹の連動性が無ければ、身体を鍛えてもパフォーマンスアップにつながらなくなってしまいます。

連動性が高まると「腕が長く」なる

四肢と体幹を連動させて使うメリットは、身体の末端(ボールを持っている手など)を速く動かす事が可能になることです。肩から先だけを振ってボールを投げるのより体幹部から動かしながらボールを投げた方が腕を長く使うことが出来るようになるため、末端を速く動かすことが出来るようになります。そうなるとより速いボールを投げる事が出来るのです。これが四肢と体幹の連動性を上げるメリットです。

オススメのランニングとは

まずはフォームを意識する事

ピッチングにおいて重要なのはフォームの再現性を高める事。これにより継続的に強いボールを投げ続ける事ができ、コントロールも安定します。ランニングは一定のリズムで四肢を連動させながら行うものですので、ピッチングに通ずるものがあると言えるでしょう。ただし同じフォームで一定のリズムでという条件がありますので、ランニングのフォームも非常に大切です。長い時間ダラダラと走ってしまうと、フォームを意識し続ける事が難しくなるためお勧めはできません。

ランニングフォームで持つべきイメージ

まず体の中心から四方に向かって脚と腕が生えているイメージを持つことが大切です。これを意識した上で体の中心から右足と左手、左足と右手を連動させて動かすイメージを持つと四肢と体幹の連動性を高めることができます。この時腕の内旋と外旋を意識出来れば、より一層四肢の連動を感じながら走る事が出来るでしょう。

腕の内旋・外旋とは

鎖骨は肩甲骨を介する事で腕(上腕骨)を身体に繋ぎ止める役割をしています。その鎖骨は胸骨(胸の中心にある骨)に繋がっています。そして胸骨は肋骨を介する事で背骨と繋がっているため、背骨・胸骨・鎖骨・上腕骨と全ての骨がつながる事で様々な動きが出来るようになっているのです。これを踏まえた上で、ランニングの際に腕を内旋・外旋しながら走る事で肩甲骨が連動し、背骨を介して骨盤の動きを助けてくれます。これも“連動”です。この動作はなかなかイメージかつかない人も多いと思うので、非常に分かりやすい例として、ホークスの和田毅投手の走る映像参考にしてください。和田投手はプロ野球選手の中でも非常に頭脳派で、身体の仕組みやフォームの分析などに長けた選手です。だからこそ40歳を迎える今なお、第一線で活躍できるのです。これを読んでくださっている方も、身体の構造やフォームの仕組みから目を背ける事なく、より深く学んでいく姿勢を常に持っていただきたいと思います。

距離が伸びすぎると意味が無い

野球は瞬発系の動きの連続で、最長でもベース一周(ランニングホームラン)の約130m以上試合で走る事は有りません。時間にすると15秒前後といったところでしょうか。これより長く走るのであれば、全力では意識しづらいフォームやリズム、連動を目的として走る以外にメリットがあるとは思えません。心肺機能の強化であればHIITトレーニング、筋力アップであればウェイトなどをすればより効率良く目的を達成する事が出来るでしょう。

まとめ

以上が私のランニングに対する見解です。ですが現状ではピッチャーはとにかく走れという指導者の方も少なく有りません。野球部に所属している以上チームの方針には従うべきですが、少しでも意味のあるランニングにするためには連動とリズムを意識して走る事が重要です。また長距離を走った時にはそれ以上に短距離や瞬発系のトレーニングを行い、速筋を発達させるように意識しましょう。

PAGE TOP