試合に向けてどのようなデータを集めるべきか

攻撃に関するデータ

チーム内の選手の走力

盗塁

自チームの選手の盗塁タイムと投手のクイック+相手捕手のセカンドスローのタイムを比較すれば盗塁が可能な選手が分かる。
もちろん試合の場面では球種や捕球した際の体勢、投手の牽制の上手さ(選手のスタートの上手さ)などで左右されるため断言することは難しい。

2塁から3塁・本塁まで

1本のヒットで得点出来るか否かで勝敗を分ける事もあるので非常に大切。
コーチは常にストップウォッチを携帯し、相手チームの外野手の捕球位置から各ベースへの送球の到達タイムを計測しておく必要がある。

守備に関するデータ

元ロッテ 里崎さんのYouTube

試合の中でどのような情報が本当に必要なのか?WBCにも出場した元ロッテの里崎智也さんが解説!

PAGE TOP