何を意識すればいいの?トレーニングに対する考え方

意識がトレーニングの効果を決める

トレーニングをする上で重要なことは、「なぜ、そこを鍛えるのか?」ということです。

例えば野球で言えば、特にピッチャーは下半身の強化が鍵だと言われることが多いですよね。
下半身の強化と言われて選手たちが思いつくのが、ランニングやスクワット系の種目など、一般的に脚の強化を目的として行われてきた種目だと思います。

では、それらの種目をこなす事で、本当に下半身は強化されたと言えるのでしょうか。

「筋力アップ」=「パフォーマンスアップ」?

ここではまず人の体を体幹部(頭部も含む)、四肢(腕・脚)とに分けて考えてみます。

例えば、先ほどの脚のトレーニングでは、脚をより強く太くします。
いわば、頑丈な2本の柱で体幹を支えるというイメージでしょうか。

たしかに、重りを支える柱としては、細いよりも太い方が安定感は増すでしょう。しかし、スポーツの中で脚力を発揮するには、自分の体を効率よく動かす必要があります。あらゆる方向からの力に耐え、その力をうまく利用することが求められるのです。

もう少し具体的に話をすると、スクワットの記録が伸びたとします。ではそれによって投げた時の球速が上がるでしょうか?

答えは残念ながらNOです。もちろん全く効果がないとは言いませんが、筋力が上がったとしても、上手くその力を伝える事ができなければ、大きな変化は望めません。ではどうすべきなのでしょうか。

「力の伝達」こそパフォーマンスを上げる鍵

答えは、「力を上手く伝えられる体を作る」です。

要するに、筋力をつけて出力を上げるだけでは意味がなく、その筋力を効率よく伝達し、利用してはじめてパフォーマンスアップにつながるのです。そのためには、力の伝達に必要な部分を強化することが重要です。
これが、初めの「なぜ、そこを鍛えるのか?」に対する答えとも言えます。

ただ闇雲にきつい・しんどいことをするのではなく、「この動きをするためにこの部分の強化が必要だから、そこを鍛える」と意識しながら鍛えること。トレーニングとはそういうものであるべきだと思います。

今後はもう少し掘り下げて、実際にどのようにしてトレーニングを行っているかなど、発信していきたいと思います。

PAGE TOP